長年乗った車。高く売るつもりはなくても、安値で買

車を売却した場合に、トラブルが起こることってありますよね。
長年乗った車。


高く売るつもりはなくても、安値で買われるのはイヤですよね。


だったら、手間をかけてでも、複数の見積りを取り付けると良いでしょう。


僕は査定時にさんざん粘られて(むこうが粘った)、「今日決めていただけるならこの価格で」と言われましたが、いわゆる営業マジックです。


競争相手がいないのに価格を上げたら、営業さんの査定は下がりますよね。


普通はそこまでしないですよね。


競合見積りであることを伝えると、値付けも変わってくるでしょうから、これなら売ってもいいと思う業者を選べば、あとになって後悔することもありません。


車の買取をお願いしようとして詐欺の被害に遭うこともあるので注意しましょう。


他社と比べて高額な査定金額を提示し、契約させておいて、なんだかんだとゴネて当初の金額よりも大幅に減額して買い取ろうとしてきます。


あまりに低額なので買取を断ろうとすると、既に車は別の場所に移してしまったといい、運送料、保管料などの理由で支払いを求める手口も報告されています。


また、車の受け渡しを済ませたにも関わらず買取代金が振り込まれなかったという事件も報告されています。


車を高く売るには、様々な条件があります。


年式や車種、車の色などは特にしっかりと見られます。


新しい年式で人気車種の車は買取額もあがります。


また、同じ年式、車種でも、車のカラーによって査定額が違ってきます。


白、黒、シルバーの車は一般的に高めに売ることができます。