車査定では、走行距離の長い車であるほ

消費(購入)が専門と思われがちな国民生活センターで
車査定では、走行距離の長い車であるほど不利な評価を受けます。


おおむね、10万キロを超えると、高く売れるはずの高級車でも査定価格ゼロの可能性を考えて良いです。


同じ走行距離で、乗った期間が長いものと短いものを比べると、短いほど査定では不利になります。


短期間に酷使した証拠だと評価されるのが普通だからです。


愛車を手放すにあたって査定を受けるのに一番良い時期はと言うとそれは、車の処分を考えたまさにそのタイミングです。


車は機械ですから、何もしないままでもどんどん劣化してしまうものなのです。


ということは、時間が経てば経つほど、価値が下がってしまうのです。


もし査定を考えているならば、新しいものほど高値がつくのです。


ですので、車の処分を考えた段階で、即売ることが良いと思います。


私はこれまでに車の買取を頼みました。


私ではなくとも、買取を頼まれたほとんどの方は価格を高く売りたいと考えるはずです。


そのためには車関係の雑誌やインターネットの買取サービスなどを使用して、よく買取価格の相場を調べておくことが重要だと思います。


そうすると、高く買い取ってくれる可能性は上昇すると思われます。