トータルの走行距離が10万キロをオー

自動車購入を考えている人が多い時期が、自動車を売却する人にとっ
トータルの走行距離が10万キロをオーバーしている車を売る場合、買取査定を依頼したとしても多くの車に値段がつかないでしょう。


しかし、一概にそうとも言えない場合があります。


例えば、タイヤを変えてから日が新しいとか、十分な車検の期間が残されているなど、メリットがある中古車は思った以上に値段をつけてくれる事もありますから、初めからあきらめる必要は無いのです。


こうした車の売却においては、複数の買取業者に相談してみるのが賢明だと言えます。


車の下取りの際に減額のポイントとなるものとして、標準年間走行距離が1万キロを超えている、車色が好まれない、キズや汚れが車体にある、車のパーツに破損が見られる、車内での喫煙等が挙げられます。


特に、故障等での修理がなされているかどうかは下取り額に差が出る原因となります。


車体を修理されていると査定額の低下は免れないでしょう。


先日、結婚を機に、今まで乗っていた軽自動車を売って、大型の車に買い換えました。


きっと軽自動車なんて売っても、ろくにお金にならないだろうなと思っていたのですが、見積額を聞いてびっくりしました。


考えていたよりもずっと示された買取価格が高かったのです。


買取業者いわく、軽は人気があるので、高い価格で引き取ってくれるそうです。