買取業者が詐欺を働く場合もあるので注意が必要で

トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キ
買取業者が詐欺を働く場合もあるので注意が必要です。


一旦は高めの査定金額を提示して買取の契約を結ばせ、あれやこれやと文句を付けて当初とは全く違う低い金額で買い取ろうとしてくるのです。


あまりに低額なので買取を断ろうとすると、今は車はここにはないなどと言い、運送や保管の費用だなどと言って多額のお金を請求してくるという手口もあるのです。


また、その他の例としては、車の受け渡しを済ませたのに買取のお金が支払われないというケースもあります。


車の買取で決して高く評価されないのは、改造車でしょう。


そこそこ大手の買取店でしたら、車にメーカーオプションやディーラーオプションが装備されていると査定においてプラスになります。


皆が喜ぶオプション、例えばサンルーフや純正ナビや革シートは査定で大きく有利になりますが、しかし、車高調整や社外アルミ、エアロなどの改造はそれほど評価されません。


売りたい車がスポーツカーなら、専門店が最も高値を付けてくれるでしょう。


中古車の売却時におさえたいことは、メールまたはネット上で決められた金額です。


これは、車の価格を決めるときに起こりやすいトラブルの原因です。


この値段で落ち着いて買取業者に来てもらって、現物をみて金額を出してもらうと、あてたりこすったりした形跡があって最初よりも買取額が少なくなる場合が多々あります。


ということで、出張査定を受ける場合でも数箇所の中古車買取業者に聞いてみるのがいいでしょう。