中古車を売却する時には複数の書類

契約や消費に関する相談を受け付けている国民生活センターには、
中古車を売却する時には複数の書類を準備する必要が出てきます。


中でも、自動車検査証、要するに車検証は、非常に大事な書類です。


あとは、自賠責保険証明書や自動車税納税証明書。


印鑑証明書など譲渡証明書、様々な書類を用意しておくことが必要になります。


あと、実印もいるので、きちんと用意しておきましょう。


金銭的なことだけを考えれば、オークションの方が車を高く売るにはよりよい方法である可能性はないとは言えないでしょう。


カーディーラーという業者は、販売予定額よりも安い価格で車を買い取り、お店で売ったりオークションに出品されることになります。


でも、オークションに出したのに、出すお金だけかかって落札されないということも時にはありえます。


事故車と表示されている車は、文字通り事故で故障した車のことをさしています。


きちんと修繕されていれば本当に、事故に遭った車なのか普通の人にはほとんどわかりません。


事故車かどうか問題にしない方なら関係がない問題ですが、不安があるという方は中古車を買う場合には入念に調査することが必要です。