名義人の違う車を売る場合は、手続き、必要書類はどう

査定業者へ中古車を売った時には、自賠責
名義人の違う車を売る場合は、手続き、必要書類はどうすればよいのでしょうか。


まず、車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑登録書といった書類を使います。


そのほかにも名義人の同意書、委任状、譲渡証明書などの書類も揃える必要があったりします。


自分の車を売売却するときに比べれば、だいぶ面倒だと思います。


ディーラーへ車を下取りに出す場合にはいろいろな書類が必要になってきますが、自動車納税証明書もその一つとなります。


万が一、納税証明書を失くした場合には、税事務所等で、再発行をしてもらうことになります。


自動車の関連書類は、失うことのないように日頃からしっかり保管をしておくことが大事です。


普段ご利用している車の価値が気になった場合には、車査定をおススメします。


中古車買取業者の中には、ご自身で店舗へ赴くことなく自宅で直接査定を受ける事が出来ます。


また、査定場所は様々で指定した場所まで出張してくれることもあります。


つまり、場合によっては工場で査定を受ける、なんてことも出来るのです。


もちろん査定結果が満足できないこともあると思います。


その時は断っても問題ありません。