所有者の違う車を売却する場合、手続き、必要書

自分の車を処分する方法としては何種類か考えられま
所有者の違う車を売却する場合、手続き、必要書類はどうすればよいのでしょうか。


まず、車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑登録書といった書類がいるのは間違いありません。


あとは名義人の同意書、委任状、譲渡証明書などの書類も揃える必要が出てきます。


実際、自分の車を売る場合よりも、相当、面倒になりますよね。





車を下取りする場合に、ガソリンはあった方がいいのか気にしている方もいます。


でも、結論からいえば、大して気にすることはないのです。


車の下取りで大切なのは、車の年式や車種や走行距離、ボディカラー、車の状態などです。


ですから、基本的に燃料の残りを気にすることはないと考えられます。


買取依頼の際に車体に傷が入っていると、査定額で大きくマイナスになる場合が多いです。


とはいえ、事前に傷を修復して買取に出すのも得策とはいえません。


修理店に修復に出したとしても修理費用の方が高くつくくらいですし、素人の手で直したりするとむしろ査定が下がることもあるので注意しましょう。


何とかカバーしようと考えるのではなく、そのままの状態で買取査定を受けるのが結局得策でしょう。