車を査定する際、事故車であると認めら

事故車や過走行車と呼ばれる総走行距離が10万キロ超の車の場合
車を査定する際、事故車であると認められた時は、減点対象となります。


とは言え、事故車である事実を伏せているようなことは考えないでください。


なぜなら、後になって事故車であるという嘘が露見していざこざへと発展するケースが多くあるからです。


その道のプロである中古車買取業者は、素人ではないので、事故車である事実を伝えずにいてもバレるのは時間の問題です。


気持ちよく進めるためにも、誠実に事実を話した方がいいでしょう。


車の査定額をアップするためにも、他の車とは違うポイントがある場合には、堂々と隠さずに交渉カードとして使いたいものです。


必要以上のしつこさで迫ってしまうと、むしろ逆効果になることも考えられますのでそこは注意しましょう。


また、決算時期を狙うというやり方もありますし、一括査定サイトという便利なサイトを使うと高い査定額を算出してもらえるかもしれません。


車を買取の査定に出すときには、査定価格にリサイクル料や税金の残り分といった諸費用が含まれているのかを事前に確認しておきましょう。


また、他に注意すべき点としては、後から返金請求の可能性がないか、確認しなければ危険です。


業者の中でも悪い例になると、買取額を少しでも安くしようと、後から減点ポイントを持ち出してきて返金を迫ってくる業者もあるほどです。